よい会計事務所の見分け方

会計事務所とのやりとり

経理がやり取りしています。
月に一度のメールでの連絡です。

決算前に二回、決算後は数回電話やメールがあります。

チェックしてもらうところ

まず月のデータを送った後に、仕訳を間違えてしまったところを勝手に修正して月次資料が送られてきました。
こちらにも「○○が間違えています」と教えてもらえると、会計事務所から送られてくる月次資料と社内の資料相違が無くてとても嬉しいです。

決算時や、税務署の調査が入ったときに気が付くと社内がとても大変です。

会計士は会社設立の時からお世話になると良いです。
起業の手伝いや、助成金について教えてくれることもあります。

会社設立に役立つサイト→合同会社設立の方法かんたん解説


次に社長と経理の話し合いがしたいときも先に経理担当にアポイントをとってもらってからだと助かります。
こちらも資料を作ってからということと、当日何があってもすぐに出せるように休まないようにしたいと思いますので、そういった配慮をしてもらえたらとても嬉しいです。

加えて事務方とはいえ、先生ですので身だしなみがしっかりしている先生がおすすめです。
ヨレヨレのスーツは先生としていかがなものかと思うこともあります。

見た目は関係ないかもしれませんが、その先生はメールの返信も遅かったです。
しかし、自分が連絡をとりたいときだけはすぐに返答がほしいという先生でした。

自分勝手じゃなく、ちゃんと返答をくれる先生がおすすめです