インプラント実績2000以上|嶋野歯科インプラントセンター 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京

インプラント 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京

骨の厚みが不足している場合の対策

厚みが不足している場合、主にボーングラフト(骨移植)とGBR法(骨再生誘導法)とがあります。
骨移植で高さを補う場合は、主に奥歯(臼歯部)の部分でのみ行います。

ボーングラフト(骨移植)とは?
歯周病などで、骨が失われた部位に人工骨や、自分の骨を移植し、骨の再生を図る治療のことです。
人工骨には主にリン酸カルシウム系の材料が使われていますが、治療の成功率は自分の骨に劣ります。自分の骨は、主に腸骨や顎角などから採取し、歯槽骨の吸収が見られる部位に、移植骨のブロックを設置し、動かないようスクリューで固定します。

GBR法(骨再生誘導法)とは?

骨の厚さが不足していると、インプラントを埋入しても骨から露出してしまいます。 (歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。 ) 歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を覆います。 メンブレンには吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合(作る骨の量が少ない場合)は吸収性のもの、 骨欠損の大きい場合(作る骨の量が多い場合)は非吸収性のものを使うことになります。

個人差がありますが、4~6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントの安定性が確保されます。 非吸収性のメンブレンを使用した場合は後で取り出さなければなりません。

おすすめのインプラント歯科

インプラント実績2000以上|嶋野歯科インプラントセンター 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京

嶋野歯科インプラントセンターの紹介

おすすめのインプラント 歯科医院の紹介

MESSAGE
嶋野歯科インプラントセンター 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京

インプラント治療では、ドクターの専門的知識と豊かな経験、そして高度の技術が必要です。
特にインプラントを埋め込む外科治療では、その治療の専門医が必要だといっても過言ではありません。
嶋野歯科医院では開業当時からインプラント治療を行ってきました。
開業以来20年間培ってきた経験と技術で質の高いインプラント治療をご提供いたします。


インプラント実績2000以上|嶋野歯科インプラントセンター 茨城 栃木 群馬 埼玉 東京

立川、八王子の婦人科なら立川駅前レディースクリニック

立川、八王子の婦人科なら立川駅前レディースクリニック

気軽に相談ができるクリニックをお探しなら、立川駅近くの産婦人科”立川駅前レディースクリニック”がおすすめです。
診療内容も、婦人科一般 内科一般が幅広く安心して診療してもらえます。

インターネット予約枠もあるので、前もって予約すれば、待ち時間も少なくて済みますよ!

立川、八王子の婦人科、内科は立川駅前レディースクリニックへ